ようこそCurtain Doubleへ

カーテンのお手入れ

カーテンって汚れはもちろんホコリやダニなどがつきやすいので、しっかりお手入れをしておきましょう。

洗濯する前に注意すること!

洗濯前に絶対「取り扱い表示」をみて、洗い方などの扱いをしっかりみましょう。

洗濯

ウォシャブル表示がある場合は洗濯機をしようしても大丈夫!洗う時は、まずカーテンはネットに入れて型崩れしないようにします。洗濯機の大きさにもよりますが、あまり洗濯機に詰め込まないようにしましょう。目安は1~2枚ぐらいを洗濯機へ。
洗剤はデリケート衣類を洗う洗剤、または普段使用している洗剤をいれます。また、柔軟剤を入れることでふわふわとするので自然な感じになります。
あと、家では洗濯機にお湯の蛇口をつなげてないので無理なのですが、できるだけぬるま湯(40度ぐらい)で洗うほうがよいとされてます。お近くのコインランドリーなどへ行くとお湯などもあるし、大型なんで枚数ももう少しいれて洗濯できちゃいます。
ウォッシャブルができない場合は、手洗い、またはつけ置き洗いをしましょう。
汚れがひどい場合には、つけ置き洗いをおすすめ。
手洗いの場合は、30度のぬるま湯で、押し洗い程度にしておきましょう。ついつい汚れが酷いので揉み洗いをやってしまいがちになりますが、絶対やめましょう。私の経験ですが、知らずに揉み洗いをしたら形が崩れて台無しになってしまいました>。<

脱水

脱水ですが、これも注意が必要です!早く乾いて欲しいという気持ちはわかりますが、脱水の時間が長くなってしまうと形が崩れたり、シワになってしまいますので、30秒~1分で済ませましょう。

干す

カーテンを干す場合はカーテンが掛かっていた元の場所へカーテンをかけるときのようにそのまま干しましょう。なるべく形が変形しないようにシワを伸ばして自然乾燥をしましょう。絶対乾燥機になんていれちゃいけませんよ!
※カーテンを干す前には、窓枠、カーテンレールなどもキレイにしておきましょう。そのままの場合だと、せっかく洗ったカーテンに汚れがついてしまったら台無しですよね。

アイロン

アイロン掛けOKの取り扱い表示があればアイロンをかけましょう。

注目サイト



池袋のパーソナルトレーニングジムおすすめランキング!口コミも比較!



Last update:2020/7/9

copyright 2014 Curtain Double Allright Reserved.